News & Notice

Welcome to the online office
of the Trilateral
Cooperation Secretariat

政治 | 第9回日中韓上級規制者会合(TRM)・第4回TRMプラスの開催(2016年11月29日-30日、北京・ソウル)

2016年11月29日、中国・北京にて、第9回日中韓上級規制者会合(TRM)が開催されました。本会合では、中国環境保護部・国家核安全局国際協力局涂瑞和(と・ずいわ)副局長が議長を務め、清水康弘日本原子力規制庁長官及び曹忠裴(チョ・チュンベ)韓国原子力安全委員会事務処長が参加しました。李鐘憲(イ・ジョンホン)日中韓三国協力事務次長がオブザーバーとして参加し、開会式でスピーチを行いました。

三機関は、各国の規制活動の状況、傘下の3つの作業部会(情報交換枠組みに関する作業部会、人材育成に関する作業部会及び緊急時対応に関する作業部会)の活動結果、日中韓の合同防災演習訓練等について報告がなされ、意見交換が行われました。

第9回TRMに引き続き、2016年11月30日に第4回TRMプラスが開催されました。三国の技術交流を強化するために三国の専門家が参加し、「放射性廃棄物管理の状況」、「ウィーン宣言の履行状況」等の議題について経験を共有しました。また、来年は日本でTRM及びTRMプラス会合を開催する旨合意しました。
948a8db821917b0b31c321539e29117e_1481075左から) 曹忠裴(チェ・チュンベ)韓国原子力安全委員会事務処長、郭承站(かく・しょうたん)中国国家核安全局副局長、 清水康弘日本原子力規制庁長官 
948a8db821917b0b31c321539e29117e_1481075第9回TRM開会式で発言する李事務局長